カロバイプラス お酒
ダイエットの敵といえばこってりとした揚げ物や砂糖がたっぷり入ったスイーツのイメージが強いですが、お酒も量や種類によっては、食事量がさほど多くなくても太ってしまう原因になります。

むくみやすくなり、身体もたるんでしまいやすくなりますが、大好きなお酒を飲みながら、ダイエットもできれば最高ですよね。

人気のカロバイプラスを飲んでいれば、お酒をやめなくても痩せることができるのでしょうか?

適度にならお酒を飲んでいてもOK

ダイエット中はお酒厳禁とされているダイエットサプリも多いのですが、カロバイプラスなら適度にお酒を飲むのであれば、問題なく痩せることができます。

しかし、だからといってたくさんお酒を飲みすぎてしまったり、ついついつまみを食べているとカロバイプラスを飲んでいたとしても痩せることはできません。

特にお酒が太るのには食欲増進させてしまうことなので、お酒を飲みながらつまみも一緒に食べてしまうことも原因なのです。

カロバイプラスを飲んでいれば、適度にお酒を飲んでもいいのですが、過度に飲みすぎないこと、つまみを食べないことを心がけておきましょう。

太るお酒と太らないお酒の違いは?

また、カロバイプラスを飲んでダイエットをしているのであれば、飲むお酒の種類も考える必要があります。

お酒といっても種類はたくさんありますし、種類によってカロリーは全然異なりますので、よりダイエットに向いているお酒を飲むように心がければ、摂取カロリーも無理なく抑えることができるでしょう。

太るお酒と太らないお酒とはどんなものがあるのかまとめてみました。

◯太るお酒の種類一覧

・ビール 

・カクテル 

・日本酒

・梅酒 

◯太らないお酒の種類一覧

・ウイスキー水割り 

・焼酎水割り 

・ブランデー

このように太るお酒と太らないお酒の種類を知っておくことで、ダイエット中でもどうしてもお酒を飲まないといけない場面でも役立ちますよね。

特に女性だと梅酒やカクテルが甘いので、よく注文される方もいると思いますが、これらのお酒はかなりの糖質を含んでいるのでダイエット中は控えておきましょう。

梅酒であれば、100mlで約200キロカロリーになるのも多く、白米の普通盛り1杯分に近いカロリーを摂取してしまうことになります。

そんな高カロリーなお酒を1日何杯も飲んでいれば、いくら食事量を減らして、カロバイプラスを飲んでいたとしても痩せることはできないですよね。

ウイスキーや焼酎を水割りで飲むことが多く、ゆっくりと味わいながら飲むお酒なので、何杯もがばがばと飲むものでもないですし、量を抑えるメリットもあります。

ダイエット中でもお酒の飲み方を間違えなければ痩せられる!

ダイエット中だからといって大好きなお酒を急に止めてしまうと、ストレスがたまってしまってダイエットを挫折してしまう可能性が高まります。

無理なく楽しくダイエットをするためにも、どんなお酒を飲むのか、お酒の種類を何にするのかを意識するだけでも摂取カロリーを抑えることができます。

ただし、ただそれだけでは理想の体重まで落とすことは難しいので、カロバイプラスを飲んでダイエットをサポートしてもらいましょう。

カロバイプラスを毎日きちんと飲んでいれば、大好きなお酒も止めずに誰でも痩せることができるので、これはぜひ試してみたくなりますよね!

普通にダイエットをするのであれば、お酒の摂取はNGですし、いくらカロリーがまだ低いお酒を飲んでいたとしても、なかなか痩せることはできないでしょう。

カロバイプラスを摂取していれば、お酒を止めずにダイエットを成功させることができるので、お酒がやめられないから痩せられないと悩んでいるなら、ぜひ試してみてくださいね。